ニキビのケア|跡を残さずツルツル素肌を蘇らせる

できた時に即対策

ガッツポーズ

美容整形外科ではニキビの治療も行なってくれています。ニキビができた時の対策が万全であれば、跡として残ることもありませんので安心です。特にこの美容整形外科を使った治療はできやすい人、跡に残りやすい人に重宝されています。人間の細胞は簡単に生まれ変わるわけではありませんので、医療機関でアドバイスを受けながら万全の体制を整えるのは大切なことなのです。しかも医療機関では効果的な薬やレーザーなどを使った皮膚の深層に働きかける治療をしてくれるので効果が期待できます。

ニキビができたときにはどういった治療ができるのかというと、ホルモン治療やレーザー治療、外用薬を用いる方法などがあります。美容整形外科によって得意とする療法があるので、それを確認しながら最適な病院を選ぶようにしましょう。外用薬を用いることなく治療をする方法も、外用薬を用いる方法も、どちらも美容整形といった医療機関でしかできないことです。医療器具や薬を使った対処療法となるので、副作用もあります。医師の力を借りながら取り組めるので安心です。

外用薬を使わない治療でピーリングというものがありますが、これは炎症が無いタイプのニキビの治療に使われます。古い角質を酸の強い薬剤を使うことで除去するというものです。これによって肌のターンオーバーがスムーズにできます。肌が敏感な人にはあまり向かない方法ではありますが、白いニキビや黒くなってしまったニキビには効果的です。レーザー治療は表面を傷つけることなく深層のニキビに効果をもたらすので、根本的な治療ができます。要するに皮膚組織を焼くものですが、組織の中に生じている余分なニキビの組織を除去するには良い方法です。

ニキビができると肌に炎症が起き、毛穴の中には細菌や角質が増殖してしまいます。ピーリングは炎症が起こっている肌には合いませんので、まず炎症を抑えることが大事です。赤く炎症を起こしているタイプのニキビに効果のある外用薬としては抗生物質があります。これはもっともニキビに対策するために使われる薬です。抗生物質には細菌を殺菌する効果があるため、これを使えば、炎症が収まっていくのです。アクネ菌を取り除くタイプの薬もあれば角質層を柔軟にできるタイプの薬もあります。どちらの薬も副作用があり一長一短なので、よく相談して利用するのが大切です。

Copyright© 2015 ニキビのケア|跡を残さずツルツル素肌を蘇らせるAll Rights Reserved.