ニキビのケア|跡を残さずツルツル素肌を蘇らせる

跡を綺麗に治療する

医者

残ってしまったニキビ跡も美容整形外科の施術を使って治療することができるようになりました。凸凹タイプのニキビ跡は特にできてしまえば自分では対策することが難しくなりますので、美容整形で治せるとなれば助かります。赤みや色素沈着が一年以上続いている人にとっても、肌の表面に出てくるものではないので根本治療が難しかったのですが美容整形でできる便利な施術の登場で悩みを解決している人が多くなっています。まずは自分のニキビ跡を知り、それぞれに合った対策方法を知っていくことが大事です。

凸凹タイプのニキビ跡を治すにはレーザー治療が最適です。炭酸ガスレーザーやエルビウムグラスレーザーが出る機器を備えた美容整形外科が、こういったニキビ跡の対策を行なってくれるので問い合わせてみましょう。レーザーは肌の深層まで届くことができるので、通常のエステで行なう光治療よりも大きな効果をもたらします。
レーザーは肌の深層まで届き、炎症細胞を除去してくれます。そしてもう一つのレーザーが生み出す効果が肌の活性化です。クレータータイプのニキビ跡では肌を構成する細胞の量が足りない状態です。レーザーを当てることで肌が刺激され、空いていた肌に働きかけて新しい細胞を生み出すことができるようになるのです。肌の間質細胞は細胞と細胞をつなぎ合わせる役割をもっており、そこにはコラーゲンや皮脂などがあります。クレーターになっている肌はこれが足りない状態で、しかもコラーゲンは肌の表面や食物として摂取しても肌には定着しません。そのため深層を刺激してくれるレーザー治療が有効なのです。
炭酸ガスレーザーでは皮膚にガスで穴を開けます。それによって炎症を治そうという動きが出てきますが、これが自然なクレーターの修復を促すのです。エルビウムグラスレーザーを使うタイプも同じ原理ですが、炭酸ガスよりも軽いダメージを与えるため症状が軽いです。

肌に赤みや色素沈着が生じているタイプのニキビ跡に対策する方法としてはケミカルピーリングやビタミンイオンを導入する方法が取られます。肌は自然と生まれ変わりを繰り返していきますが、赤みや色素沈着タイプのニキビ跡をもっている人はこれがうまくいっていません。肌の表面近くで起こっている赤みや色素沈着はピーリングをして肌の表面を薄く溶かすことで角質を除去することで解決します。いわば自然に行なわれていたターンオーバーを人工的に創りだす方法なのです。また、ビタミンは肌にシミを無くす効果がありますが、美容整形で使う機器を使うことによって肌の浸透まで美肌効果のあるイオンを導入できます。

Copyright© 2015 ニキビのケア|跡を残さずツルツル素肌を蘇らせるAll Rights Reserved.